BLOG ブログ

ブログ

■ 人生初の一人暮らし

私は、若い外国人も住むシェアハウスに住んでいます。


先ほど、キッチンで東南アジア出身の男性と会話をしました。
彼は、辛くて美味しそうな香りのする何かを炒めていました。


すると突然に、日本語で「うまくできた!」
と叫んだのです。


私は、「おー、美味しそうだね!でも、においは辛そうだ!」と返しました。


彼、「うん、辛いよ。これは、インドネシアの僕のおばあちゃんに教わったシラスとトマトと辛い食材●●で作ったんだ。きっと美味しいよ、食べて!」と言いました。


そして、彼は大きなスプーンで一口分をすくって私にくれたのです。


(食べた私)「おー、うまい!マジうまい!こんなの食べたこと無いわ・・・わー、後から辛さがキタ〜~💦」。


彼は笑いながら、「先週、久しぶりに故郷のおばあちゃんと(Zoomで)話して、この食べ物の作り方を教えてもらったんだ。美味しいかな?良かった〜。ありがとう!美味しくできて嬉しいよ!

僕はおばあちゃんのことが大好きだから、作りたかったんだ!」と笑顔で言いました。


私「そうなんだね。うん、うん」。(感動して胸がいっぱいになる)
彼の家族への愛情がじんじん伝わってきたのです。


ここには、人生初の一人暮らしを日本ではじめる人が多いです。そして、日本語も毎日の料理も初めての彼らは、日本に来て1年も経つと、言葉も料理もとても上手になります。
その成長スピードは、驚異的。


「親離れ、子離れ」って言うけれど、離れるからこそ愛情の強さがわかるんだなと感じました。
おかげで今日は素敵な1日になるな。

ありがとうね。

SHARE

ブログ一覧